グラフィックデザインは言ってみれば、大衆に伝える事!

グラフィックデザインは、文字群と画像群により成り立つ。
言ってみれば、パソコン(主にマッキントッシュ)をツールとして、文字情報や写真を上手くまとめあげポスターだとか、名刺などのデザイン媒体(それは主に紙等の2次元媒体)を通じて、グラフィックデザインは大衆に明確に、その内容を伝える事です。こちら名刺などでディギン’デザインが求められるが、インパクトのみを追求して人に情報が伝わりづらく機能性のないグラフィックデザインを大衆は良しとしないだろう。

ロンドンで活動するデザイングループで、渡邊朋之はtomatoに影響を受けて名刺のデザインなどに携わるようになったと言っても過言ではありません。
日本の企業からの仕事もあり、テレ朝のVIはtomatoによるものです。

さて、当然グラフィックデザインの範疇だが、大衆に伝える事だけではないのが名刺のデザインである。(特殊な形だろう)
お配りになる人へ向けて何らかのメッセージを印象付けたいわけでよりデリケートとでも言いましょうか、デザインをする時には細かい指示をしたいはず。
そして、それを聞き入れるのもデザイナーの役目である。

「グラフィックデザイン」を掘り起こしてると思われるホームページの検索を。
らいん

『ディギン’デザイン』|デザイナーの渡邊朋之 プロフィール


名刺を中心にデザインならびに、さまざまなジャンルの印刷作業全般を行う「A-Deal」 代表取締役社長
渡邊朋之は20代にロンドンとベネツィアで過ごし、培った経験や知識を生かし各方面で活躍中〜

【グラフィックデザインは大衆に?】ディギン’デザイン - 名刺を中心としたデザイン